ゆる将(ゆる将棋.com)


駒が「成る」とは?

将棋の駒の動き(覚え方編)

「成金」という言葉、もともとは将棋用語から来ています。

将棋の駒には表と裏があり、それぞれの面に別の文字が書かれていて動き方も異なります。そして、駒が表から裏にひっくり返ることを「成る」と言います。「成る」と弱い駒もパワーアップして「金将」と同じ動きをします。

世間一般で言う成金には負のイメージがつきまといますが、将棋の世界では成金を作ることは勝ちに近づくための重要なステップです。

補足:実際には「成金」という言葉は本家の将棋界にてほとんど耳にしません。「金に成る」が自然な言い回しで、金に成った駒のことは「成銀」「成桂」「成香」などと呼びます。成った駒の総称も「成駒(なりごま)」と呼ぶのが自然です。厳密に言うと「成金」は誤用ではないかと思います。

敵陣に入ると「成る」ことができる

将棋盤のマス目は縦9段×横9列で合計81マスあり、そのマスの中に駒が置かれています。このマスのうち自分側から見て上3段を敵陣、下3段を自陣と呼びます。ちょうど初期配置で駒が並んでいるエリアと同じです。

将棋盤上の自陣と敵陣

多くの場合相手の王将は敵陣の中にいるため、初期配置から自分の駒を敵陣に向かって進めていくことになります。

そして、自分の駒が敵陣に入るとき、その駒を今後表側で使うか裏側で使うかを選べます。このとき裏側にすることを成る、表側のまま使うことを成らないまたは不成(ならず)と言います。まずは簡略化した例を見てみましょう。

駒が成る

上の図のように、敵陣の一歩手前にがいたとします。は前に1マス進めますので、自分の番になったら敵陣に入ることができます。敵陣に入ったら「成る」か「成らない」かを選べます。

歩の裏側はと金ですので、成った場合は次の図のようになります。

駒が成った場合の動き

もともとの歩が動けるのは前方だけ(図の白丸)だったのに対して、と金は金将と同じように6つの方向(白丸+赤丸)に動くことができます。

移動の選択肢が増えるというのは相手の王将や他の駒を捕まえやすいということであり、自分側の戦力が上がったことになります。

敵陣に入って不成(ならず)を選択した場合でも、その後永遠に表側でしか使えないということではありません。次に動かす時にまた成る成らないかを選べます。

ただし、駒は一度成ると表側には戻せません。一般的には成っておいた方が得なのですが例外もあります。詳しくは別途「不成(ならず)という裏技」のページで解説しますが、ここでは成らない選択もあり得るということだけ覚えておいてください。

敵陣から出る時にも成れる

敵陣に入る際に成らなかった場合、その後敵陣の中で動く時や敵陣から出る時にも成ることができます。成る選択ができる条件を整理すると、次の3つということになります。

(1)敵陣に入った時
(2)敵陣の中で動いた時
(3)敵陣の中から外へ出る時

駒が成れる条件

これらの条件をひとつの文章にまとめると駒が動く前か、動き終わった後に敵陣にいれば成る権利があるということになります。

ネット対局アプリであれば成れる条件のときに自動的に選択画面が出てきます。詳しく覚えていなくても気軽に遊べるので初心者の方にはおすすめです。

補足:注意点ですが、敵陣の中にいても駒を動かさずにその場で「成る」ことはできません。今いるマスにとどまっておく方が都合が良かったとしても成る動作をするためには一度どこかへ移動する必要があります。

桂馬、香車、歩兵の強制「成り」

成れる駒(裏面に文字が書かれている駒)のうち、後ろに下がれない駒があります。桂馬香車歩兵の3つですが、敵陣に入っても成らない選択を続けた場合、どこかの時点で敵陣の一番奥まで行ってしまって身動きが取れなくなってしまいます。

桂馬、香車、歩兵の強制「成り」

この問題を防ぐために、将棋ではそれ以上動けないマスまで行った場合は強制的に成るというルールがあります。ネット対局アプリでは成る/成らないの選択画面が出ずに自動で裏側の表示に切り替わります。リアルの将棋盤を使った対局では自分で駒を裏返してください。

成り駒は取られると元に戻る

成った駒が取られた場合、相手の手に渡ることになりますが、のちに相手がその駒を使うときは成っていない表側の駒として使わなければなりません。

例えばと金の場合、自分側の駒として生きているあいだは金将と同じ動きをするにもかかわらず、取られて相手の駒になったら元の歩兵に戻ります。

相手からすると、苦労してと金を取っても戦力は歩兵が1枚増えただけであり、割に合わない戦いをしていることになります。

成り駒で攻めると相手に対して一方的に負担を強いることになり、対局を優位に進められます。

メモ:プロ棋士の対局で、持ち駒のを裏返したまま成銀として盤上に打ちつけて反則負けになった例があります。その対局には表側も1文字の駒が使われていて、銀の裏側の金の崩し字金の表側の文字が似ていたために勘違いし、そうした珍事が起こったそうです。駒によっては見間違い防止のため裏側は赤文字で書かれているなど対策はされていますが、自分が相手の成り駒を取ったときは表側を上にして駒台に置くように心がけましょう。

まとめ

駒を成ることで自分側の戦力が上がり、例外はあるものの傾向としては相手に対して優位に立つことができます。そのため、実際の対局ではお互いに敵陣突破を目指し、敵陣や自陣の境目で侵入をめぐって攻防の戦いが起こります。

多くの場合、先に敵陣を突破した方が相手の王将に近づきつつ戦力でも勝っているという状況を作りやすく、勝負の主導権を握ることになります。

敵陣の突破の仕方や自陣の守り方を覚えると将棋が強くなります。そのための戦法を紹介しているサイトなどもたくさんありますので駒の動かし方に慣れてきたら調べてみてください。